本文へスキップ

電話でのお問い合わせは092-584-3388

メールでのお問い合わせはこちら

募金の使いみち

ありがとうメッセージ

■ありがとうメッセージとは

 ありがとうメッセージは、共同募金に寄せられた寄付金による配分を受けた団体や福祉施設が、寄付者に感謝の気持ちを伝えるメッセージです。
 ここでは、そんなありがとうメッセージの一部をご紹介します。
 もっとありがとうメッセージをご覧になりたい方は、赤い羽根データベース「はねっと」をぜひご覧ください。

■平成29年度(平成30年度事業)




社会福祉法人 宇美町社会福祉協議会
【学習支援事業】
 原田小学校の5年生の総合的な学習「もち米を育てよう」では、年間を通じて、田んぼをお借りし、地域の方にご支援いただきながらお米の栽培に取り組みました。子どもたちが、関わったのは、全体の中では僅かなことかもしれませんが「自分たちで育てたお米」という特別な思いは、子どもたちの学びの意欲を高め活動を充実させていました。
 共同募金配分のおかげで、子どもたちの心身の健やかな発達につなげることができました。ありがとうございました。

社会福祉法人 志免町社会福祉協議会
【災害ボランティアセンター運営訓練】
 志免町ではもしもの時に備えて「災害ボランティアセンター運営訓練」を毎年実施しています。
 「災害ボランティアセンター」とは、災害時に設置され、被災地でのボランティア活動を円滑に進めるための拠点です。一般的に、被災した地域の社会福祉協議会、日頃からボランティア活動に関わっている人たち、行政等が協働して運営します。
 志免町での訓練には社会福祉協議会職員のほかに、町議員の方や役場職員の方、ボランティア連絡協議会、他社会福祉協議会の職員など、大勢で行い、大規模災害が起きた時のボランティアコーディネートの方法や手順の確認を行うことができました。ありがとうございました。

宮田苑(宮若市)
【福祉車両購入】
 この度は、共同募金配分金により車両を購入することができました。
 今回の車両購入により、利用者の地域交流が促進され、受診・通所の送迎の際にも、利用者に大きな負担を掛けずに安全で快適に移動ができるようになり、利用者並びに職員も大変喜んでおります。
 これもひとえに、市民の皆様の助け合い運動における赤い羽根共同募金のおかげであり、赤い羽根ロゴマークの福祉車輛が町を駆け巡ることで、私共の感謝のメッセージが皆様に届けば幸いです。
 この車両を有意義に使用させていただき、利用者様に笑顔あふれる生活を提供できるよう努力して参ります。ありがとうございました。
令和2年度 共同募金実績
(一般・歳末)
6億8,390万5,472円

(内訳)
一般募金
5億8,835万916円
地域歳末たすけあい募金
  7,840万7,097円
NHK歳末たすけあい募金

  1,714万7,459円


 
多くの浄財をお寄せいただき、ありがとうございました。

 共同募金について

共同募金とは

 ・共同募金運動について
 ・赤い羽根共同募金
 ・歳末たすけあい募金
 ・災害等準備金と災害義援金
 ・共同募金実績報告

募金の使いみち

 ・赤い羽根共同募金
 ・歳末たすけあい募金
 ・災害等準備金
 ・支援金
 ・災害義援金
 配分結果報告
 ・ありがとうメッセージ

 寄付をしたい

いろいろな募金方法

 ・募金の方法
 ・企業等の社会貢献活動
 ・寄付つき商品

赤い羽根自販機

 ・設置協力のお願い
 ・福岡県内の設置状況

税制上の優遇措置

 ・税制上の優遇措置について

受配者指定寄附金

 ・受配者指定寄附金制度とは

寄付者のご紹介

 ・寄付者のご紹介

 配分を受けたい

配分について

 ・配分とは
 ・申請方法

他団体からの助成

 ・民間公益資金情報

法人情報

リンク

リンク