本文へスキップ

社会福祉法人 福岡県社会福祉協議会

電話でのお問い合わせはTEL.092‐584‐3377

〒816‐0804 福岡県春日市原町3丁目1‐7

保育士資格取得をめざす方のための資金貸付の相談

     

福岡県保育士修学資金

 保育士修学資金とは、指定保育士養成施設卒業後、福岡県内において保育業務に従事しようとする方に対し、資金の貸付を行う事業です。
 資格取得後、1年以内に福岡県内において保育業務に従事し、かつ、5年間引き続きこれらの業務に従事した場合、貸付た修学資金の返還が免除されます。

◆貸付概要◆
1 貸付対象
  修学資金の貸付対象者は、次の1〜5に掲げる要件をいずれも満たす方です。

(1)県内の養成施設に通学している者であること。ただし、県内に居住している者
  で県内および県外の養成施設の通信課程に在学している者を含む。
(2)優秀な学生であると養成施設の長が推薦する者であること。
(3)家庭の経済状況等から真に就学資金の貸付を必要とする(独立行政法人日本学
  生支援機構の第一種奨学生の収入基準を満たす)こと。
(4)同種の修学資金、又は修学に係る他の国庫補助事業等を活用した支援を受けて
  いないこと。
  (日本学生支援機構の奨学金や日本政策金融公庫の教育ローンとの併用は可)
(5)養成施設を卒業後、県内において従事先施設等で保育業務に従事しようとする
  者であること。

2 貸付額
  修学資金として貸し付ける金額は次のとおりです。
  貸付に係る利息はありません。
  貸付期間は養成施設に在学する期間で2年間を限度としますが、修学期間が2年
 を超える場合、月額の2年分に相当する120万円の範囲内であれば、正規の修学
 期間を貸付機関とすることができます。
 【貸付額】
 (1)月額      50,000円以内(年額60万円以内)
 (2)入学準備金  200,000円以内(初回(入学年次)のみ)
 (3)就職準備金  200,000円以内(卒業時のみ)

  ※貸付申請時に県内の生活保護受給世帯(これに準ずる経済状況にある世帯を含
   む)の方については、養成施設に在学する期間の生活費の一部として加算する
   ことができます。(生活費の加算に伴う申請を希望の際は、福岡県社会福祉協
   議会 総務部 総務課 へご連絡ください)

 
◆返還が免除となる要件◆
  養成施設を卒業した日から1年以内に保育士として県内で保育業務に従事し、か
 つ、5年間引き続きこれらの業務に従事したとき。


◆申請に必要な書類◆ 
 下線がある提出書類をクリックすると様式がダウンロードできます。

提出書類名

必要添付書類及び確認事項

提出書類チェックリスト  提出書類に不備がないか必ず確認してください。
修学生推薦調書
(様式 第2号)
 養成施設が記入する書類です。
 (必要書類を揃え、在学する養成施設に提出してください)
保育士修学資金貸付申請書
(様式 第1号)

※両面で印刷してください。


 ※様式第1号[記載例](必ずご確認ください)

保育士修学資金賃借契約書
(様式 第9号)

※2部提出が必要です。
※両面で印刷してください。

 様式に申請者・連帯保証人の記名押印(実印)し、2部のうち1部に収入印紙を貼付けのうえ提出してください。
 ※様式第9号[記載例](必ずご確認ください)

振込口座申請書  ※預金通帳(口座名義、口座番号の確認できるページ)の写しを添付
 住民票  世帯全員分を添付 
 所得証明書  収入がある方、世帯全員分。年金受給者も含む。
 ※市町村が発行するもの(源泉徴収票は不可) 
 申請者の印鑑証明書  申請者が印鑑登録をしていない場合は、申請者の印鑑証明書は必要ありません。 
 連帯保証人の印鑑証明書  連帯保証人(2名)の印鑑証明書を各1部添付 

  ※様式第1号と様式第9号は、必ず両面印刷してください。


◆福岡県保育士修学資金の手引◆ 
  福岡県保育士修学資金の手引のダウンロードは こちら (PDFデータ)

◆問い合わせ先◆
  福岡県社会福祉協議会 総務部 総務課
  TEL 092-584-3377 FAX 092-584-3369

information

社会福祉法人
福岡県社会福祉協議会

〒816‐0804
福岡県春日市原町3丁目1‐7
TEL.092‐584‐3377
FAX.092‐584‐3369